速報版・青春18きっぷサイコロの旅で東京を目指す編集部フチヤモリ君の勇姿

1

去る8月9日、編集部はTwitterで面白そうな企画をキャッチした。

それは、大阪から東京まで、コミックマーケット参加のために青春18きっぷサイコロの旅に出掛けるというこちらの企画。

企画者は先日当サイトの記事でもお伝えした「なかもず葬祭会館」のもず氏だ。

私たち編集部は即断した。編集部メンバー、フチヤモリ君にこの企画に参加してもらうことに。

スクリーンショット 2016-08-11 18.50.36

新大阪駅にAM4:30に集まった企画メンバーたち

他のサイコロの目は鬼畜さに溢れていたが、サイコロを振ったアカマツ氏の引きがよかったのか、一行は神奈川県箱根にある桃源台を経由することになったようだ。

ちなみに筆者としては、大阪から東京まで普通に18きっぷを使うだけでもしんどいので、寄り道なんて考えられない。以下の私のツイートのとおり、青春の対象外であることは自覚しているので、せめてフチヤモリ君には青春を味わってほしいと思い、今回の企画に参加してもらった次第だ。

そうそうたるメンバーの企画参加者たち

この旅は、企画者のもず氏の他に、コミックアライブの連載原稿に追われるこぶだしさん、素材として有名なアカマツ氏、そしてフチヤモリ君の4名が参加する模様。

フチヤモリ君は「なぜか横浜から新幹線で大阪にきて参加した」とのことだが、それには深い理由があったことを知って頂きたい。

スクリーンショット 2016-08-11 19.36.44

桃源台からの帰りのロープウェイがなくなった参加者たち

旅は順調に進み、2016年から制定された祝日、「山の日」で賑わう箱根まで到達したようだ。

桃源台で振った2回目のサイコロが鬼畜!

目的地である桃源台に到着したので、2回めのサイコロはフチヤモリ君が振った模様。

しかし、よりによって……。

なんと「徒歩で東京」を引いてしまったフチヤモリ君!

そうか、彼は厄年だったんですね。厄年ならこれからも多少無茶ぶりしても厄年のせいにすればいいし問題ないな

さっそく桃源台から下山をはじめた一行だが、果たして旅の顛末はいかに――。

参加者たちの電話コメントをどうぞ

なお、速報版記事を執筆するにあたり、参加者のフチヤモリ君ともず氏に電話でコメントを求めてみた。

神乃木
旅行企画お疲れ様です。桃源台から東京まで歩くことになったようですが、何かコメントはありますか?
もず氏
フチヤモリ君という「塩」を送ってくれたことを心から感謝します。彼のサイコロには心の底から感謝しています。はい。
神乃木
ねぇ今どんな気持ち?
フチヤモリ
ファック!(ガチャッ)
今回の旅のレポートは、今後当サイトにてフチヤモリ君が執筆してくれる予定(生還すればだが)なので、ぜひ楽しみに待っていてほしい。

一方編集部メンバーは……

なお、編集長の筆者と副編集長のねこむろは、3時間の昼寝から目覚めた後、万全の体制でTwitterの様子を見守っていた。

うん、良い休日だ。フチヤモリ君は今頃、どの辺りを旅しているのだろうか?