【写真集】夏日の上野動物園はどんな動物が楽しめるの?

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)
撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)
こんにちは。編集長の神乃木です。

先日、自宅に朝◯新聞の勧誘が来ました。このご時世に紙の新聞を読むこともなかなか無いのですが、◯日新聞は貰えるオマケが多いことで有名です。「これは」と思った私は、拡張員と交渉に交渉を重ねて、色々なブツを手にしたわけです。

その中の一つに、写真のような無料チケットがありました。

「ハッピーチケット」でハッピーになろう

「ハッピーチケット」でハッピーになろう

これは、都心部の公共施設に無料で入園できるチケットで、朝日◯聞が独自で発行しているチケットのようです。

がめつい持ち前の交渉力を活かした私は、このチケットを3枚入手。編集部メンバーを強制的に上野動物園に連行して、撮影に出かけることにしました。

夏日の上野動物園へ

5月21日にサイトのリニューアルを行うことは安土桃山時代から決まっていたことなので、出かけるのはその翌日にあたる2016年5月22日(日)に決定しました。

とはいえ、東京の天気予報は最高30度。どうなることやら……と思いながらも、メンバー3名で上野へ向かいました。

IMG_8624

神乃木撮影:iPhone SE

朝9時半にもかかわらず、上野駅を降りると確かな熱気を感じられます。上野恩賜公園を経由して動物園の列に並ぶ間にも、わずかに気温が上がっているように感じました。

神乃木は、同行しているねこむろさんが父親の防湿庫からパクってレンタルしてきたというEF28-70mm F2.8L USMを装着し、いざ撮影へ。

_E5A0530

神乃木撮影:Canon 7D Mark II + EF28-70mm F2.8L USM

動物たちが暑そう……。

というわけで入園した上野動物園ですが、とにかく暑そうです。人気のトラ、ライオンなどは日陰の隅のほうで寝ています。

かろうじてカメラを向けられたゴリラもこんな感じ。心なしか疲れが見えています。

撮影:ねこむろ(SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

撮影:ねこむろ(SONY α6000+ SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

西園に居たカバもこんな感じです。これじゃあ、開店休業だ。

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)

夏日でも元気そうな動物を探そう!

半袖姿の目立つ来園者たち(神乃木撮影:Canon 7D Mark II + EF28-70mm F2.8L USM)

半袖姿の目立つ来園者たち(神乃木撮影:Canon 7D Mark II + EF28-70mm F2.8L USM)

さすがに寝ている動物ばかりを撮ってもしょうがないので、元気そうな動物たちを探すことにしました。

色々回っているうちに、暑くてもある程度元気に動いている動物たちの傾向がわかってきました。

  • 鳥類
  • 空調の効いた小屋の中にいる動物たち
  • 小動物たち
  • アフリカ等に生息する動物たち

これらの動物たちは、比較的元気そうに動き回っているようです。

とはいえ、休日で人の多い動物園で、かつオリや柵が入らない写真を撮るのはかなり難しいことが分かりました。

まず、柵を抜くために望遠レンズが必須になるので、今回は全員望遠レンズばっかり使っています。これじゃあ折角のEF28-70mmも浮かばれないな……などと個人的には思ったのですが、とりあえず写真をお楽しみください。

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

小動物コーナーに居たプレーリードッグです。何匹か居ましたが、日差しの中でも元気そうにエサを食べたり、走り回ったりしていました。巣から顔を出す姿も可愛かったですよ。

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SEL50F18)

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SEL50F18)

小獣館にいたマヌルネコ。ソフトフィルター気味になっていますが、単にガラスが汚れていただけです(上野動物園はガラス越しの展示が多く、条件としては結構シビアでした)。

ちなみにマヌルネコは2匹展示されており、片方はずっと寝ていたものの、もう片方はアクティブにあちこちを動き回り、来場者から大人気でした。観客サービスする当番が決まっているのかもしれません。

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF70-300mm F4-5.6L IS USM)

「飛べない鳥」として有名なアオメキバタン。飛べないだけあって、野生でもオリやネットのない場所で展示されています。ちなみにオーストラリアでは、野生のキバタンが増えすぎており、害鳥として駆除されることもあるようです。

撮影:フチヤモリ(SONY α6000 + SONY SELP18105G)

撮影:フチヤモリ(SONY α6000 + SONY SELP18105G)

こちらは、「動かない鳥」で有名なハシビロコウ。Googleで「動かない鳥」と検索すると、ハシビロコウが出てきます。哲学的な表情でずっと佇んでいるように見えますが、実際には水辺にいる魚を捕まえるために水面を凝視しているのだとか。

撮影:フチヤモリ(SONY α6000 + SONY SELP18105G)

撮影:フチヤモリ(SONY α6000 + SONY SELP18105G)

お次はケープペンギンの様子。こんな光景、新宿駅や渋谷駅のコンコースでよく見ますね。

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

撮影:ねこむろ(SONY α6000 + SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary)

最後は両生爬虫類館のガラパゴスゾウガメ。名前は「タロウ」で、上野動物園の最長寿動物だそうです。日本でガラパゴスゾウガメを見れるのは、上野動物園と静岡県のiZooだけとのこと。

上野動物園付近は散策にも最適!

撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF28-70mm F2.8L USM)

重要文化財:旧寛永寺五重塔 撮影:神乃木(CANON 7D markII + EF28-70mm F2.8L USM)

上野動物園は、「上野恩賜公園」とよばれる東京都の公園の中にあります。

公園内には東京国立博物館、東京都美術館などの博物館・美術館も並び、一日だけでは到底観光しきれない量の見どころがたくさんあります。公園に囲まれるように建っている上野東照宮も、休日になると出店が並んでとても賑やかでした。

清水坂(しみずざか)を見下ろす。神乃木撮影:iPhone SE

公園内の清水坂(しみずざか)を見下ろす。神乃木撮影:iPhone SE

休日で人が多いとはいえ、広大で緑の多い敷地内ではそこまで人混みを感じることもありません。

都立公園のためあまりお金もかかりませんので、休日の過ごし方に迷った時や、リフレッシュしたい時には、一度散歩に出かけてみると良いかもしれませんね。

余談

周辺の不忍池(しのばずいけ)では、1時間700円でボートを借りることができます。今回は、体力に定評のあるフチヤモリ君を船長に任命し、一時間ほど池を走り回って頂きました。ちなみにとても暑かったです。

不忍池のボートでボートが借りられたので、フチヤモリ君に漕いで頂きました。

神乃木撮影:iPhone SE

今回の撮影のメンバー

今回は、いつもの編集部メンバー3名で撮影に出かけました。

ねこむろ

ねこむろ 記事一覧

TEAM EX NOTE所属。気がついたら副編集長になっていた。 音楽(癒し系インスト、BGM)等の製作を中心に活動。最近は大洗の風景と猫と飯の写真を撮るのが好き。しろたんは4匹(2016/05月現在)保有しています。

神乃木リュウイチ

神乃木リュウイチ 記事一覧

TEAM EX NOTES代表。本サイトの編集長でもあります。東方Projectを入り口に同人文化にハマり、2008年からサークルとして活動しています。活動は音楽制作とWeb制作の二本立てで、最近では他のサークルさんのWebサイト制作などに多く携わっています。しろたんは2匹(公称値)保有しています。

フチヤモリ

フチヤモリ 記事一覧

TEAM EX NOTES所属。百合好きでSSを書いたりしていました。写真を撮るようになりました。サークル内では制作以外の環境保全活動を行っています。しろたんの保有数は平成28年度の時点で2匹。