【ねこ写真10選】サークル内で猫フォトコンテストをやってみました

eyecatch

TEAM EX NOTESでは、定期的に外に出掛けては猫の写真を撮ってくる風習が縄文時代より続いています。

今回はサイトリニューアルを記念して、過去にTEAM EX NOTESの各メンバーが撮影したネコの写真の中から、ベストショットを決める「サークル内猫フォトコンテスト」なるものを実施してみました。次回もやるかどうかは未定です。

写真エントリー&投票ルール

  • エントリーする写真は2016年3月までに撮影された猫の写真(エントリー実数:43枚)
  • TEAM EX NOTESのメンバー(10名)が5ptを所持し、1人5枚まで投票できるようにする。自己投票可。
  • 人気投票トップ10枚を当記事に掲載する。

人気投票結果発表!

8位(3pt):4枚

10人で複数票の投票になるため、同数投票が多かったですね。

7

撮影者:ねこむろ 撮影地:大洗 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SELP18105G

▲オッドアイが高ポイントだったのですが、手前に障害物があったのが難点でしょうか。8位(3pt)。

4

撮影者:ねこむろ 撮影地:都内 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SELP18105G

▲こっちを見てくれているのは良いのですが、もう少し近ければ……。

8

撮影者:ねこむろ 撮影地:撮影者近所 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SEL50F18

▲不眠症気味の顔ですね。

9

撮影者:神乃木リュウイチ 撮影地:京成立石駅付近 カメラ:CANON EOS60D レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

▲「あ? なんか文句あるか?」と今にも言い出しそうなカメラ目線です。顔にピントが微妙に合っていないのが話題になり、減点となりました。

6位(4pt):2枚

撮影者:ねこむろ 撮影地:京成立石駅周辺 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SELP18105G

▲同じくピント違いシリーズ。陽の当たり具合も毛並みも良いのですが、やっぱり顔にピントが合ってほしかったという意見多数。ただ、肉球の質感が良く表現されているためランクイン。

撮影者:カズヤ 撮影地:自宅 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SEL30M35

撮影者:フチヤモリ 撮影地:自宅 カメラ:SONY α6000 レンズ:SONY SEL30M35

▲メンバーのフチヤモリ君の自宅で飼われている猫です。名前は「サスケ」。よく暴れることでサークル内では有名な猫ですが、「こんなに落ち着いていることもあるんだ!」と話題になった一枚です。

4位(5pt)

3

撮影者:ねこむろ 撮影地:京成立石駅周辺 カメラ:SONY α6000 レンズ:TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD [Model F004]

▲見てくださいこの幸せそうな表情。電気屋さんの看板猫だったので、きっと大切に飼われているんでしょうね。

3位(6pt)

6

撮影者:ねこむろ 撮影地:神田 保護猫カフェまちねこさん カメラ:SONY α6000 レンズ:SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary

▲目を覆ってお昼寝でしょうか? 顔は見えないものの、全身から溢れる癒やしオーラがメンバーの好感度を集めました。

東京・神田の里親募集型保護猫カフェ「まちねこ」

こちらの写真は、東京・神田にある「まちねこ」という猫カフェで撮影された一枚です。「まちねこ」は、一般的な猫カフェと異なり、何らかの事情で保護された猫たちが集うカフェです。里親になる前に、じっくり相性を確認できるのがポイントですね。

猫の里親になってみたい方も、単純に猫と触れ合いたい方にもオススメできる場所です。

店舗情報

まちねこ(里親募集型保護猫カフェ)
東京都千代田区神田須田町2-8-4 第二神田須田町ビル5階
TEL:03-6206-8132

営業時間:平日14:00~20:00 土日祝12:00~20:00
定休日:火曜・金曜定休

公式ホームページ: http://machineko.okoshi-yasu.net/

※記事執筆時点での情報です。

2位(7pt)

5

撮影者:ねこむろ 撮影地:浅草 猫カフェきゃらふさん カメラ:SONY α6000 レンズ:SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM | Art

▲こちらは浅草の猫カフェ「きゃらふ」にて撮影された一枚。かなり近くまで寄れていますし、暗めの店内でもしっかりダイナミクスが確保できています。そしてこの表情。

ねこむろ
明るいレンズは正義なんだよ!

東京・浅草の猫カフェ「きゃらふ」

浅草駅から徒歩3分という立地にある、とてもオシャレな猫カフェ。
飼い主が見つからない猫や保護された猫をキャストとして迎えているため、
普通の猫カフェと違い雑種の猫ちゃんと出会えます。

各席に電源・Wi-Fiが用意されており、猫を眺めながらネサフや仕事ができちゃいます。

店舗情報

カフェ きゃらふ
東京都台東区雷門2-19-13 浅草駅前ビル2F
TEL:03-6231-6050

営業時間:11:00~22:00 [CafeTime 11-18:00 / BarTime 18-22:00] 定休日:不定休

公式ホームページ: http://calaugh.com/

※記事執筆時点での情報です。

1位(8pt)

撮影者:ねこむろ 撮影地:江ノ島付近 カメラ:SONY α6000 レンズ:CANON EF100mm F2.8 マクロ USM

▲こちらが堂々一位を獲得した一枚。江ノ島の石段で寝ている猫の写真ですね。特に珍しくないショットではあるものの、10人中8人がこの写真に票を入れたため、一位となりました。

いかがでしたか?

猫の写真を撮るのは思ったよりも難しいです。

逃げる、動く、こっちを向いてくれない……そんな猫の気まぐれに翻弄されつつも、一枚の写真として成立させるには、実はかなりの腕が必要です。

なによりも大事なのは、猫とコミュニケーションする能力。

猫との出会いは一期一会ですが、その時に「声をかけるべきか否か」「どんな風に声をかけるか」「どこまで近寄るか」などなど、撮影の時には猫とのコミュニケーション能力がかなり問われます。

さすが名前に「ねこ」が付いているだけあって、ねこむろさんは優秀な写真をたくさん撮ってくれましたね。


投稿写真なんでも募集中!

TEAM EX NOTESでは、猫写真にかぎらず、皆様からの投稿写真を募集しています。

投稿いただいた写真は、本サイト上で紹介させていただきます。皆様からの投稿をお待ちしております。

※コンテストの実施等も現在鋭意検討中です。

投稿の際には、

  1. お名前(PN/HN可)
  2. 返信先メールアドレス(記事掲載後のご連絡に使用します)
  3. 撮影した猫の写真(EXIFが残っているもの、サイズは横2000px以上)
  4. WebサイトやTwitterアカウント等をお持ちであれば、そのURL(ご紹介します)

を明記の上、情報投稿フォームよりご送付ください。

  • 投稿した写真の全てを掲載できない場合がございます。予めご了承ください。
  • 写真の著作権は投稿者様側に帰属しますが、当サークルが運営するサイト内にて写真を使用する許可は頂けるものとします。
  • スマホやコンデジ、ピンホールカメラや寫眞機、私物の人工衛星等で撮影された写真も、ご自身で撮影したものであれば投稿できます。