茨城県を一泊二日で堪能!出荷依頼が殺到したので、旧上岡小学校〜ひたち海浜公園を回ってきました 

撮影:ネコムロマン

こんにちは、フチヤモリです。

前回の自主出荷(【ヤモリの出荷番外編】横浜(東京)から大洗へ自転車で目指したい人向け走行ルートガイド)から茨城県方面への出荷要請が大量に来たのと、、

神乃木
カメラ本体を買い替えた
ねこむろ
じゃあいつものやつ行くか〜

大人気かよ

と言う事で1泊2日の「新しいおもちゃで遊びましょう作戦」開幕です。

おれとお前と大子町

暴風吹き荒ぶ日曜の朝、都心より編集部としろたんを載せた車は出発します。神乃木邸より往来へしろたんを連れ出すのももう慣れました

荒天のせいか常磐道は穏やかで、旧上岡小学校最寄りの那珂ICまであっという間でした。

ちなみに公共交通機関でのアクセスはJR水戸駅より水郡線で常陸大子駅を降り3km程を歩くか、常陸大子駅より1時間に1本程の間隔で出ているバスに乗るか。となります。

お昼も過ぎ小腹が空いていたので小学校前に一服です。編集長が食堂の軍鶏肉料理に興奮していました。

と言うわけでまた来てしまいました。数日前までは桜が残っていたようですが当日と前日の暴風雨でまとめて散ってしまったようで残念です。

管理の方に挨拶をして校内を見学撮影します。ちょうどツアー旅行と思われる団体の方々もおり、この施設がアニメの聖地であると同時に多くの人に見られる文化財であることを思い出します。お行儀よく見学です。

撮影:ネコムロマン

撮影:ネコムロマン

フォールオブフォールアンドフォールオブフォール

旧上岡小学校を後にし、フォームに投稿されていた袋田の滝を目指そうと思っていたのですが、編集長と副編集長が小学校の管理の方から教えて貰ったもう一箇所滝に行くため、道の駅まで戻り国道118号線を北上します。

10分程道路上の標識看板に従い到着したのが月待ちの滝。裏見の滝とも呼ばれているようです。

月待の滝 | 大子町観光協会

緑色の椛の葉と穏やかな滝の音に癒やされる空間でした。おそらく紅葉の季節にはとんでもなく混むんでしょうね。

サ内コンプライアンスにより、蕎麦やそば粉を利用したメニューが豊富な喫茶店で休憩し、袋田の滝へと移動します。

撮影:ネコムロマン

※裏側です。(撮影:神乃木)

来た道を戻り国道118号線へ、標識と看板に従い進むといかにも観光地と言った雰囲気の場所に着きます。今回は周辺の施設の営業が終了する間際の到着だったので最も滝の近くの駐車場を使用することが出来ましたが、早い時間から行くようであれば少し歩いてでも離れた広い駐車場を使用するのが正解かと想います。

袋田の滝 | 大子町観光協会

営業時間の9:00-17:00(冬季)8:00-18:00(夏季)外だったので観測台デッキには上がれず最下層の観測台から楽しませてもらいました。

撮影:ネコムロマン

常陸牛ステーキは口の中で柔らかく溶けるので実質飲み物

袋田の滝を後にし宿泊地の大洗へと向かいます。実は散々大洗に行っている編集部、1度も大洗で宿泊したことがなかったので本工程は記念すべき1日となりました。

夕食は予てよりサークル内で話題になっていたソリューションを選択していました。(尚、同ツイート内にある「あんこうどぶ汁鍋」は2018年4月15日時点では終了しておりました。)

肉を吸引した感想ですが編集部3人口に入れた瞬間に笑いが止まらない。今まで受けたサークルからの理不尽のすべてを一瞬許してしまいそうになる美味しさでした。

都心でこの量この質を4000円以下で食べられるところが果たしてあるのだろうかと店内で盛り上がりました。頼むから大洗に行く全人類はしちりんでステーキを食べてくれ。予約を忘れないようにな。フチヤモリ君との約束だ。

撮影:ネコムロマン

撮影:ネコムロマン

このオムライスはステーキの付け合せに頼んだまぐろ中落ち定食です1200円です。予約の必要ないメニューも良いものばかりですので編集部推しのしちりんさんをよろしくお願いします。

ネモフィラの花は今年も綺麗です。

圧倒的多幸感に包まれながら本日の宿である大洗シーサイドホテルさんへ。

両隣を『しろたんのぬいぐるみで人形遊びをするオタク』と『しろたんが無いと眠れないから自宅から85cm級を連れてくるオタク』に挟まれる地獄の夜が明け工程2日目です。

大洗シーサイドホテルは差し込む朝陽と海からの照り返しによる最高の目覚めを我々に提供してくれました。早朝の海岸を散歩しましたが男3人でするにはなんとも言えない微妙な空気が漂っているのはあの場にいた全員が感じていたはずです。

磯先神社海岸の鳥居の岩場、いつの間にか立ち入りが禁止されていたようで少し残念でしたが安全第一ですね。

少し早めのチェックアウトをし、ひたち海浜公園を目指します。連日の晴れと気温の上昇でネモフィラの花が見頃を迎えていました。

平日の早朝とは思えない地獄の駐車場戦争に勝利し青の海を目指しますが、人も満開でいつもの観光地。と言った状態でした。

過去3年このネモフィラの時期にひたち海浜公園に来ていますが、過去最高レベルの開花具合と言った様子で大満足の結果となりました。

撮影:ネコムロマン

撮影:ネコムロマン

撮影後大洗に戻り昼食の後に東京へ帰還し本工程を終了としました。

今回の経費

  • 宿泊車高速ガス 約-20000JPY
  • うどん -600JPY
  • しちりんさんソリューション -2200JPY
  • 飲料水類 約-1000JPY
  • ひたち海浜公園入園料 -450JPY
  • 神樹の恵み2650個 -3200JPY

締めて約27450JPYでした。工程の2週間前に自転車で大洗に行くだけのことはしていますがやはり観光地の平日の朝の静けさはクセになる良さがありますね。

自転車でも車でも電車でも都心から気軽に来れる点をもっと活かしていきたいと思います。

フチヤモリ
税金の関与しない総支給そのままの肉最高だった
ねこむろ
平日はマジでアドが高い
神乃木
これでヤモリ君の理不尽ポイントをリセットできたし、次回以降もっと理不尽を言い渡せるな……

ヤモリの次の出荷先を募集中!

あなたの何気ない一言でヤモリが死地に赴くかもしれません。みなさんからの投票・ご指示をお待ちしております。

Q.ヤモリの次の出荷先はどこがいい?