【ヤモリの出荷番外編】横浜(東京)から大洗へ自転車で目指したい人向け走行ルートガイド

こんにちは、ヤモリです。

以前投書され記事になった横浜から大洗まで自転車で行った話ですが、今回またロングライドのリハビリとして特に目的も無くまたロードバイクで横浜から大洗まで走ってきました(マジで大洗で何もしてない)。大洗は良いぞ。

神乃木
完全に理解出来ん
ねこむろ
大洗は実質自宅だから仕方ないね

前回は自転車初の大洗という事で、ろくに考えもなしに足を回し汗を流し走っていたので、今回は『誰かを案内しながら走る』体で横浜県から大洗まで走ることにしました。

横浜から東京脱出まで(0時〜2時)

特に意識してなかったのですが、0時ちょうどに出発することが出来ました。ネタで撮ったサイリウムの電源を落として夜の国道15号線を無心で走ります。

ちなみにルートは前回とほぼ同じものを使いました。鶴見警察署前から大洗駅前まで、141kmです。

夜の第一京浜は信号の変わりが早くてストレスですが、月曜の深夜と言うこともあり平穏な道でした。銀座入り口まで思考停止で走り、ここで15号線を外れて1本となりの昭和通りへと入ります。

昭和通りを日本橋駅まで進み右折。永代通りへと入ります。C1をくぐってすぐ脇道に入ると若干のショートカットが行えますが、茅場町駅まで進んでも問題ありません。

ここの満州橋通りの手前ですが、前回ルートビルダーに騙され大通りに入るとまさかの一方通行を逆走するハメになりました。深夜でよかった。

手前の公園の脇道に入るとストレス無くすすめるかと思います。

大通り(金座通り)に出たら隅田川へと進路をとります。橋まで進み左折すれば水戸街道へと到着です。

水戸街道へ入ってすぐのセブンでトイレ休憩です。約25km/h巡航で鶴見警察署からここまで約1時間半でした。

標識に従い水戸街道を進みます。言門橋を渡り一瞬スカイツリーを正面に進み左折。江戸川手前まで全速前進DA。

江戸川手前まで進むと都道307号線との分かれ道になります。直進せず2段階右折で新葛飾橋へと入ります。橋を渡れば首都の加護を外れ、暗黒の千葉県へ進出です。

千葉県松戸市から茨城県牛久市まで(2時〜4時)

午前2時15分くらいです。道を走るのはヤモリとトラックくらいになりました。

ここから冗談抜きで街灯が減るのでカバンに指したサイリウムを点灯し走ります。

新葛飾橋から45分で14kmほど走りました。前回も休憩に利用した店舗です。

千葉県に入ってからゆるい上りと下りが常に続きます。前回は夏で陽も出てきたことで一度このファミマでグロッキーになっていましたね。

ファミリーマートから10km進むと、ミニストップがあります。ここを逃すと次のコンビニまで16km虚無を走ることになります。尊厳を保つためのトイレ休憩をおすすめします。しかし今回は営業時間外ということでヤモリは2回連続での休憩スルーとなりました。

(完全にルートを外れるのですが、利根川と小貝川の間に1軒セブンイレブンがあります)

引き続き藤代バイパスですが、牛久沼手前に牛久沼大橋と下道の分岐があります。標識的には水戸の文字がある大橋側へと進みたいのですが、牛久沼大橋は自転車走行不可のため、左側の下道を通りましょう。すぐに合流が出来ます。

柏市のコンビニから1時間と15分、25km程走り休憩です。なんとなく予想はしていましたがやっぱり寒い。日中の最高気温25度最低気温14度に騙され天気アプリを見ると気温は9度(爆笑)足の指が取れそうになるのと戦いながら走行再開です。

茨城県牛久市から水戸市大洗町まで(4時〜8時)

ここまで75kmです。折り返しです。

土浦バイパスは路肩が広く走りやすいのですが、バイパスを抜けると途端に幅が狭まり小石が散らばるので注意して走りましょう。

ゆるい上り下りを繰り返し1時間置きに停車します。水戸まで20km程の表示が出ると、6号線との別れになります。

ここで水戸街道を降ります

坂を下り交差点を右折し、県道16号線を田んぼの緑と涸沼の青を眺めながら道なりに進みます。道は若干崩れていたり穴が空いていたりするので最後まで注意して走りましょう。

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、涸沼駅手前に来ると大洗右折の表示があります。直進しても1、2本目の脇道を右に入れば16号線へと戻ることが出来ます。

涸沼駅を過ぎると、最後の上りの丘です。上りの途中、涸沼を一望出来る場所があるのですが天気が悪かったのでスルーしました。

坂を下れば見慣れた大洗の海が見えてきます。サンビーチ入り口の標識に従い県道51号線のをくぐりすぐに左折。住宅街を直進しガソリンスタンドまで辿り着けば大洗駅は目前です。

出発から8時間:大洗到着

はい。出発から8時間で大洗駅に到着することが出来ました。

前回の記録と見比べて見ると、走行時間はほぼ変わらないのに1時間も早くなっていますね。まあ前回はメカトラブルがあってもたもたしていたのでこれが本来の記録なのでしょう。

右が今回の記録です

平日の朝ということもあり静かな大洗の街を1周し、コンビニのイートインで潮騒の湯が開くのを待ちます。

食堂で補給をし、12時半に大洗駅を輪行で離脱します。こいつ本当に大洗まで何しに来たんだ。

出発から15時間。地元川崎國へと帰還し、本工程を終了とします。

今回の経費

  • 補給 -890円
  • 潮騒の湯 -2810円
  • 帰りの特急券 -4410円
  • 神樹の恵み2650個 -3200円

締めて8110円となりました。すげえ!往復の特急券代で食事と風呂にも入れたぞ!

これくらいの出費で済むならまたやりたいですね。夏になる前に。

明るいうちから出発したことはありませんが、こういった場所には明るくなってから到着したいですね。ナイトライドは緊張感と快適さと朝陽を浴びて出る脳内麻薬がくせになりそうですね(個人差があります)。

ハウツー記事を書くのは初めてですが、都心から大洗を自転車で目指すガルパンさんたちに少しでも参考になればと思います。

神乃木
次は自転車で旧上岡小学校チャレンジしてみて
フチヤモリ
えっ、それは…

ヤモリの次の出荷先を募集中!

あなたの何気ない一言でヤモリが死地に赴くかもしれません。みなさんからの投票・ご指示をお待ちしております。

Q.ヤモリの次の出荷先はどこがいい?