【山梨大好き】富士山を見に山中湖まで行って来ました

こんにちは、ヤモリです。

先週(八ヶ岳 pixivファンボックス記事です)、風邪をひいていて外出できなかった編集長が出かけたいとゴネたので突発で山梨へ1泊しに行って来ました。10月末から働きすぎじゃないですかねヤモリ君は。

フチヤモリ
わあい山梨!ヤモリ中央道だいすき!
ねこむろ
今週も山梨かよ
神乃木
秋の行楽、やっていくぞ!

山中湖ではほうとうが美味しく、もみじのライトアップイベントが開催中でした。

前日の晩、雑に行程が決定され、ヤモリは半日の労働(6時-10時)から解放され編集長宅へ向かいます。完全に寝坊した編集長を車に詰め込み山梨へ出発です。

ほどなくして山中湖へ到着します。なんと富士山は諏訪より100km近く東京から近いのです。驚きですね!

到着時は曇ってました。本番は明日朝なので問題ありません。

コーヒーと休憩を求めて湖畔道路を走り入店です。店主の方から周辺のほうとう情報や富士山を眺めるロケーション等レクチャーいただきました。

(チェックイン先は2階ですが、利用したのは1階のSANKAKUさんです)

周辺に立ち並ぶほうとう系飲食店から、SANKAKU店主より勧められた小作さんに入ります。結構な人数が待機していましたが意外とすぐに着席できました。

ソリューションは豚肉ほうとう、若鶏のからあげ、あと気づいたら麦飯も机に並んでいました。たいへん美味しかったです。

ライトアップされていました。周辺の駐車所はほどほどに埋まっており、見物客も多く見られました。

ライトアップ系はシャッタースピードをいじったりだ風が吹いて撮影対象が動くだとかで難しいですね。勉強になりました。

宿に帰り、雑に酒盛りをして早めの就寝です。毛布の柄がかわいいですね。今回のお宿はやぶき荘さんでした。

霧の山中湖と富士パノラマライン

5時30分起床です。鼾のフチヤモリと歯軋りのカミノギによる仁義なき戦いは引き分けに終わり、双方のアラームにより飛び起き活動開始です。

フチヤモリ
照明落としてわりとすぐに歯軋りの先制を受けた
神乃木
鼾がうるさすぎて夜中に目が覚めた

※編集長は対策に耳栓を持ってきていたみたいでしたが役に立たなかった。と起床後文句を垂れました

霜の降りた車を解凍し、湖面通りに出ると山中湖は霧を抱えていました。

霧の写真あんまり撮れてなかったけど助手席の編集長が撮ってた。

目的地の富士パノラマラインですが、進行方向が完全に霧に包まれていたので、晴れるまで湖畔道路から富士山を撮影します。

こっちは18-105mm

こっちは50mm

30分ほどすると霧が晴れ始めてきたので移動します。

これは道中深い霧の中良さげな景色だったので寄り道しました。

目的地の富士パノラマラインです。到着時は展望台の小さい駐車場はほぼ埋まっており路駐もちらほらいました。

結構湖面から高いところだったのでもしかしたら直行でもよかったかもしれません。雲の溜まっているところが山中湖で、写真中央あたりに八ヶ岳、その右側に南アルプスが望めます。

欲張りロケーションでしょこんなの。夜明け間もない時間だと赤く染まった富士山が拝めるようです。

河口湖方面へ移動し、昼食の現地調達を行います。場所は富士見つりぼりです。

1500JPYで50分の経過かマス3匹の確保いずれかの達成によってクエストが終了します。どちらも達成できなかった場合は救済措置で生け簀からマスを釣り上げられます。

マス5匹2500JPYにて手づかみ取りも行えるようです。

釣果は1匹ずつでしたがしっかり燃えてもらいます。身が柔らかく骨からかんたんに剥がれ食べやすくおいしかったです。

どうして山梨で釣具屋で買い物することになったんですかね。To be continued

今回の経費

  • 宿代 5500JPY
  • 高速代 多分8000JPYくらい
  • ガソリン代 3000JPYくらい
  • 小作 1900JPY
  • 喫茶店 800JPY
  • マス釣り 1500JPY
  • サビキ釣り竿一式 6000JPY
  • 虹玉鋼10000個 10000JPY

 

ねこむろ
どうして釣竿を買う必要があったんですかね
神乃木
車があるなら釣りがしやすい環境が整ったね。ってハナシ
フチヤモリ
山行きすぎたし次は海の可能性が高い

ヤモリの次の出荷先を募集中!

あなたの何気ない一言でヤモリが死地に赴くかもしれません。みなさんからの投票・ご指示をお待ちしております。

Q.ヤモリの次の出荷先はどこがいい?